【1日たったの3分!】ほうれい線を消すツボの場所と押し方

ほうれい線ができる原因として「頬のたるみ」や「肌の乾燥」があります。

肌の乾燥は、保湿クリームなどを使うことで改善することができますよね。一方、頬のたるみは、ハリや弾力を取り戻す成分を含むクリームなどもありますが、ツボ押しをすることで効果アップが期待できます。

口の周りには「口輪筋(こうりんきん)」と呼ばれる筋肉があります。口輪筋は口の周りを環状にある筋肉です。

口輪筋をツボ押しによって柔らかくすることで、表情を豊かにして、ほうれい線が目立たないようにすることができます。

顔の筋肉も凝る?

姿勢の悪い方やスマホなどを扱う時間が長くなると、表情がなくなり顔の筋肉(表情筋)が凝ってきます。

肩こりは聞いたことがあるけど、顔のコリなんて聞いたことのない方も多いかと思います。

さらに、顔の表情を作る表情筋が凝ってくると、顔の血行が悪くなり、顔がむくんできます。

次に、顔のむくみによって、皮下組織に老廃物が溜まるようになり、その重みで頬がたるんできて「ほうれい線」が目立ってきます。

このように、長時間のスマホなど表情筋を使うことのない生活を送っていると顔の筋肉(表情筋)が凝ってきます。

ツボ押しをマスターして表情筋のコリをほぐして、ほうれい線を改善しましょう。

ほうれい線に効果があるツボはココ!

ほうれい線を改善できると言われているツボが、ほうれい線付近に3か所あります。

この3か所のツボを毎日2~3分押すことで、顔の筋肉をほぐされて、頬のたるみを引き締めてくれます。結果的にほうれい線を消すことにもつながります

巨りょう(こりょう)・・・ほうれい線の起点の小鼻の横

ほうれい線を消すツボの巨りょう

ツボ(巨りょう)の場所と探し方

  1. 目の中央から真っすぐ下に線を引いて下さい。
  2. 小鼻の脇から、真横に線を引いて下さい。
  3. ①と②の線が交わる点が「巨りょう(こりょう」です。

*触ると「くぼみ」のように、指先が沈む箇所があります。

ツボ(巨りょう)の推し方

両手の人差し指で、左右の「巨りょう(こりょう)」を約5秒間弱めに押して、ゆっくりと離してください。これを3回繰り返してください。

爪を立てると肌が傷ついてしまうので注意してくださいね。

ツボ(巨りょう)の効果

顔のむくみを緩和し、表情筋のコリをほぐしてくれます。若返りのツボとしても有名で、頬のリフトアップにも貢献してくれるので「笑顔のツボ」とも呼ばれています。

 

散笑(さんしょう)・・・ほうれい線の中央

ほうれい線を消すツボの散笑(さんしょう)

ツボ(散笑)の場所と探し方

小鼻と口角を線でつないでください。その真ん中辺りにあるのが「散笑(さんしょう)」です。ちょうど、「ほうれい線」の真ん中あたりになります。

ツボを押すと少し痛みを感じます。痛くない場合はツボの位置がずれているかもしれません。

ツボ(散笑)の推し方

中指の腹で5秒「押して」「離す」を3回繰り返して下さい。

ほうれい線上にあるツボなので、強く推しすぎるのは「ほうれい線」に逆効果なので注意してくださいね。

「押す」というよりも、円を描くように優しくマッサージをすると効果的です。

ツボ(散笑)の効果

頬をたるみを改善してくれるツボです。頬がリフトアップされるので、ほうれい線が消えるだけでなく、二重アゴのたるみ解消も期待できます。

地倉(ちそう)・・・唇の真横

ほうれい線を消すツボの地倉(ちそう)

ツボ(地倉)の場所と探し方

口角の両端にあるのが「地倉(ちそう)」になります。口角外側の0.5㎝から1㎝くらいの場所を押して、少し痛みを感じたらツボになります。

ツボ(地倉)の推し方

中指の腹で、左右同時に5秒間押して離すを3回繰り返して下さい。

ツボ(地倉)の効果

「巨りょう(こりょう)」と同じように、顔のむくみを摂るツボです。口もとの筋肉もほぐし、ハリを取り戻してくれます。

顔面神経の他に、胃にもつながっています。このツボを押すと胃の温度が下がり、食欲抑制にも効果があり、ダイエットにもつながります。

まとめ

ほうれい線を消すと言われるツボは3か所なので、習慣にすれば毎日続けることも苦ではありませんよね。

1回1分で、朝、昼、晩、を3回行っても3分とかかりませんね。

即効性のあるというわけではありませんが、ジワジワと効果が出てくるでしょう。

ほうれい線クリームと併用して行うことで効果が高まります。

 

タイトルとURLをコピーしました