ほうれい線クリームで美白になりたいなら美白成分に着目!

ほうれい線クリームの美白効果 ほうれい線コラム

ほうれい線が目立ってきたので「クリーム」で改善するために、「ほうれい線を薄く消してくれるクリームを購入しようと思うのですが、どうせなら美白効果もあるものを選びたいと思ってしまうのは、私だけでしょうか?(笑)

こちらのページでは、ほうれい線に効くクリームの中から「美白効果」のあるのクリームの選び方を紹介します。

美白作用のある成分を配合したほうれい線対策のクリームを選ぶ!

ほうれい線クリームには、

  • 保湿成分
  • 肌にハリを与える成分
  • 抗酸化成分

が配合されたものを選ぶべきだということは解説しましたが、さらに「美白作用」のある成分が配合されていれば、もっと嬉しいですよね?

そこで、美白作用のある成分には、どのようなものがあるのかを紹介しますね。

*「保湿成分・ハリを与える成分・抗酸化成分」配合のほうれい線クリームの選び方はこちら>>

美白作用のある成分

ラクトフェリン

ラクトフェリンには、メラニン生成の抑制効果がビタミンCの約2倍もあり、高い美白効果を期待できます。

また、ラクトフェリンには、コラーゲンの生成能力を高める効果もあります。コラーゲンを補充するのではなく、コラーゲンの生成能力を高めるのですから根本的な美肌効果があると言えます。

ビタミンC誘導体

ビタミンCにも、もともと美白効果があるのですが、水の中で壊れやすいのが欠点でした。

安定型の「ビタミンC誘導体」は、水の中で壊れやすい「ビタミンC」を安定してお肌に届きやすくした成分で資生堂が開発しました。

水の中でも安定しているので、クリームや化粧水に配合されても壊れることなく、皮膚に吸収されてから皮膚内でビタミンCを放出するので、美白効果を発揮することができます。

また、ビタミンC誘導体には、抗酸化作用や皮脂の分泌を抑制する効果もあり、まさに万能の成分と言えますね。

アルブチン

アルブチンは、メラニン生成に関わっている「チロシナーゼ」に働きかけて、シミの原因となるメラニンの生成を阻害します。

あくまでシミができるのを防ぐのであって、すでにできているシミをなくすわけではないので注意が必要です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、美白効果の最も高い成分です。というのも、シミやそばかすなどを防ぐのではなく、すでの出来ているシミやそばかすを改善する効果があります。

ハイドロキノンは医療機関でも使用されるほどの美白効果を持っています。

ただし、化粧品に含まれることは少なく、医師の指導のもとで使われる成分と言えます。化粧品に使用される場合には、含有量が少なく医薬部外品に範囲を超えない配合利率となっています。

美白効果をもつ化粧品(クリーム)を使う場合の注意点

オールインワンクリームの中には、ほうれい線を薄くしてくれるだけでなく、美白効果をもつクリームもあります。

ただ、美白効果は即効性のあるのもではなく、継続して使いつづけることで効果を実感することができるものです。

ほうれい線クリームを選ぶ際には、美白効果にこだわらずに、ほうれい線に効果のあるものの中から、あなたの肌に合うものを選びましょう。。

どうしても、美白効果を得たいのであれば、「ラクトフェリン」や「ビタミンC誘導体」を含むクリームを選ぶことをおすすめします。

まとめ

ほうれい線クリームの中には、美白効果を合わせもつ商品もありますが、美白効果にこだわってしまうと、肝心のほうれい線に効かないクリームを選んでしまうことになってしまうことがあります。

どうしても美白効果も望むのであれば、ほうれい線に効くクリームの中から美白効果を持つ商品を選びましょう。。

上記で紹介した「ラクトフェリン」た「ビタミンC誘導体」を配合してあるかを目安にして下さいね。

また、シミやそばかすが多かったり、濃いのであれば皮膚科などで医薬品を処方してもらう方が、早く効果を実感することができるでしょう。

化粧品で美白効果を求めるのであれば、短期間でなく、ある程度の期間使い続ける必要があります。

その場合には、ラクトフェリンを配合してある「ラクトフェリンラボ」がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました