ほうれい線クリームにアンチエイジング効果はあるのか?

ほうれい線クリームのアンチエイジング効果 ほうれい線コラム

皮膚科に通うことなく、手軽に自宅でケアできる「ほうれい線クリーム」ですが、アンチエイジング効果もあるのでしょうか?

ほうれい線が気になる年代というと20代よりも30代、40代の方が多いのではないでしょうか?

ほうれい線クリームにアンチエイジング効果が期待できれば一石二鳥ですよね。

そこで、こちらのページではほうれい線クリームでアンチエイジング効果が期待できるのかを推察してみました。

そもそもアンチエイジングって何?

アンチエイジングとは、「anti-aging」と書くように「抗加齢」を意味します。

実際には、年齢を重ねることには逆らえませんので、「抗老化」と捉えるのがいいですね。

外見的にも若く見られ、いつまでも若々しい身体を維持したいという考えから「アンチエイジング」という言葉ができたのかもしれませんね。

では、ほうれい線クリームでアンチエイジングはできるのでしょうか?

ほうれい線クリームの保湿効果はアンチエイジング?

ほうれい線のシワが深い溝になってしまう原因の一つに「肌の乾燥」があります。

お肌から水分がなくなり乾燥してしまうことで、ハリがなくなりカサカサの肌になってしまいます。

ハリがなくカサカサのお肌では老けて見えてしまいますよね?

ほうれい線クリームには、乾燥肌を改善するための保湿成分がしっかりと配合されています。コラーゲンヒアルロン酸セラミドなどですね。

また、価格によって配合成分に違いはありますが、コラーゲンやヒアルロン酸などが含まれていなくても、ほうれい線クリームには、保湿成分が配合されています。

保湿成分で老け顔の原因の一つ「カサカサお肌」が改善するのであれば、アンチエイジング効果と言えますね。

ほうれい線クリームに含まれるハリを与える成分はアンチエイジング?

ほうれい線の原因の一つである「頬のたるみ」を改善してくれる成分に、エラスチンラミリンなどがあります。

頬がたるみ、ほうれい線ができると老け顔の原因となってしまうので、「たるみ」を改善してくれる成分が含まれるほうれい線クリームはアンチエイジング作用があると言えますね。

抗酸化成分が含まれている「ほうれい線クリーム」が最適!

また、ほうれい線クリームの中には、ローズマリー葉エキスコウキエキスなど、抗酸化作用を持つ成分を配合してあるものがあります。

老化の大きな原因の一つが、食事の偏りや運動不足、アルコールの取りすぎなどによる身体の酸化にあります。

この身体の酸化に抵抗してくれるのが抗酸化成分です。

ということからも、ほうれい線クリームを購入するのであれば「抗酸化成分」が含まれている商品を選ぶことをオススメします。

まとめ

ほうれい線クリームにアンチエイジング効果があるのかと言えば、ほうれい線による老け顔を改善してくれるという意味においては、アンチエイジング効果があると言えるでしょう。

ただし、根本的な抗老化作用があるわけではなく、クリームを使用する「顔」についてだけですので注意してくださいね。

とはいうものの、ほうれい線による老け顔が改善すれば嬉しいですよね?

そこでオススメするのが抗酸化成分を含んだほうれい線クリームです。

「保湿成分」や「ハリや弾力を与える成分」は、多くのクリームに含まれていますが、全てのクリームに「抗酸化成分」が含まれているわけではありません。

どうせほうれい線に効くクリームを購入するのであれば「抗酸化成分」が配合されているものを選びましょう。

>>抗酸化成分が含まれている「ほうれい線クリーム」はこちら

タイトルとURLをコピーしました